A水質検査の方法を理解する。(2時間)  (作成中)   次へ    もどる
  第1時 ・透視度、パックテストによるCODの測り方を理解する。

「水」についてくわしく調べてみたいこと(集計)のプリントを配布する。

前の時間にみんなに書いてもらった「水」について調べたいことをまとめてきました。1番からみんなで読んでみましょう。1番、さん、はい。 2番、さん、はい。・・・23番、さん、はい。

※おおまかな学習計画を伝える。

いい意見がたくさんだされました。これらをもとにこれからの総合的な学習の時間をどうするか考えてみました。
(板書)
@学校や川の水がきれいなのか調べてみる。
A川などの水をきれいにする方法を調べる。
Bまとめ

プリントの1番〜9番が関係しています。このことをみんなでやっていきます。
10番から23番はどうするか。問題集とします。あまった時間などを利用して、各自調べてみましょう。
まずは、学校や川の水がきれいかどうか調べるわけですが、川の水がきれいかどうか調べるにはどうしたらいいですか。

・ビーカーにとってきれいかどうかみてみる  ・水を顕微鏡でみて、よごれてないか調べる   ・目でみても汚れが水に溶けている場合わからない  

水がきれいかどうかを調べることを「水質検査」(板書)といいます。みんなで言ってみよう。(水質検査)
水質検査には大きく分けて3つの方法があります。
(板書)
@水のにおい、味、色、にごり方など直接人間が調べる
A道具や薬を使って調べる
B川の中の生き物で調べる

水質検査記録用紙を配布して、説明する。

@は水辺にたって、水の様子を観察します。水の色はどうか感じたまま書く。においをかいでみて、容器にとってかいでもいい、くさっかたとかにおわなかったとかでいいから書く。流れ方は、はやいとかゆっくりとか書く。水の量は多いとか少ないとか書く。その他、川のそこが見えるかどうか、ヘドロがあるか、水草のあるなし、岸辺の様子、ゴミがあるかなどかんさつして気づいたことを書き込んでおく。
Aは、まず温度計で水温をはかってきろくする。次に透視度をはかる。
透視度は水のにごり具合(すみ具合)のことです。水のにごり具合(すみ具合)は川を上からみても判断できますが、透視度計を使うと数字で表すことができます。ペットボトルの透視度計を使います。(使い方の説明)
pH(ペーハー)は水の酸性・中性・アルカリ性をあらわす数値です。薬をつかって調べることができます。この小さなパックの中に薬が入っています。この中に水を入れると色が変わります。これをパックテストといいます。これはペーハーをはかるパックテストです。
pH(ペーハー)のパックテストのやり方を今から黒板にかきます。そっくりそのまま写しなさい。
pH7が中性でそれより数字が大きくなるとアルカリ性、小さくなると酸性。酸性がつよいと一匹の魚も虫もいない死の水にまります。酸性雨も酸性の強い雨で銅像や建物をとかしてしまいます。アルカリ性が強いと工場排水や温泉などの影響が考えられます。
水の中の汚れの量を表す数値をむずかしい言葉でCOD(シーオーディー)といいます。これはCODをはかるパックテストです。見ためでは水がどのくらい汚れているのかよく分かりませんがこの中に水を入れると色が変わります。それで水の汚れ具合が分かるんです。
CODのパックテストのやり方は、pHのパックテストのやり方と同じですが、検査の時間がちがいます。水温によって時間がかわります。

CODのパックテストの検査時間について説明する。

次の時間に中庭の池、プールの水で@とAを実際に調べてみます。

※パックテストについては「だれでもできるやさしい水のしらべかた」(合同出版)参照     


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −