B   姿川の水質検査をする(2時間)    次へ     もどる
  水生生物をとるのは、大きくなった水生昆虫が多い春が最適だが、夏でも適している。

※教室で水生生物について説明してから、姿川に移動する。

「川の生きものを調べよう」(環境庁水質保全局・建設省河川局 編)を全児童に配布する。
日本水環境学会(TEL 03−3632−5351)に電話で注文する。1冊160円

今日は姿川の水質検査をします。前の時間にやった方法で水質検査をしますが、もう一つ、水生生物をとって調べてみます。
「川の生きものを調べよう」の3ページ、4ページをひらきなさい。

※水生生物のとりかたを説明する。

5ページ、6ページをひらきなさい。きれいな水にはどんな生き物がいますか。

※列指名でどんどん言わせる。
※水生生物の生活史(卵→幼虫親虫)についても説明する。

9ページ、10ページをひらきなさい。少しきたない水にはどんな生き物がいますか。

※列指名でどんどん言わせる。

13ページ、14ページをひらきなさい。少しきたない水にはどんな生き物がいますか。

※列指名でどんどん言わせる。

17ページ、18ページをひらきなさい。大変きたない水にはどんな生き物がいますか。

※列指名でどんどん言わせる。

生き物を調べることで、ある程度の水質検査ができます。
川でとった水生生物をバケツにいれてもってきて、教室でこの本を見ながら、記録します。グループ(4人)でやります。
姿川に移動しますが、もっていくものを確認します。
グループで分担して持っていきます。水生生物をとって集めるのに必要なものバケツ1つ、アミ2つ、ふたつきシャーレ2つです。水質検査をするのに、温度計、ペットボトル透視度計、CODのパックテスト、pHのパックテストももっていきます。「川の生きものを調べよう」の本もグループで一冊持っていくといいでしょう。
グループで一人記録係をつくって、その人が水質検査記録用紙をもっていき、水温、透視度、パックテストなどの結果を記録します。

・服装は、夏用の体育着、ビーチサンダルをもってきた人はビーチサンダルにはきかえる。タオルももっていった方が良い。

(姿川に移動、5分)

※川原についたらグループごとに整列させる。

まず、川原から川の水のようすをみて水の色、におい、気づいたことなどを書きなさい。グループでやります。

※グループで調べさせ、記録係の人が書いておく。教室にもどってから他の人はそれを写す。

次に、グループべつに水温、透視度、pHをはかって記録しなさい。

※少し時間をとってから

CODをはかります。準備はいいですか。

※CODは水温によって検査時間がかわるので、どのグループもいっせいにはかる。水温から、検査時間を確認する。教師がストップウオッチを用意し 時間をしらせる。

水生生物をとります。とったものはグループべつにバケツに入れます。時間は20分です。

※事故のないように、行動範囲を制限する。
※時間になったら、グループごとに集合させ、持ち物を確認する。

(教室へ移動、5分)

※グループで観察させる。

グループになって、まず全員記録係の人の記録を写しなさい。それが終わったら、とってきた水生生物を本をみながら観察しましょう。ルーペ・虫眼鏡・ピンセットを使うといいでしょう。どんな生き物がどのくらいいたか。絵やことば、数字もかいておきましょう。
最後に感想、分かったことも書いておきましょう。

※終わったグループから片付けをさせる。
※観察が終わったら水生生物は中庭の小川にはなす。 
 

[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −