第7回五色百人一首栃木県大会 ルール

 

参加するみなさんへ

 

予 選

          4人(3人)で1ブロックとなり、1対1の総あたり戦で各ブロック3試合のリーグ戦を行います。

          各ブロックで1位になった人(だけ)が、決勝トーナメントに出場します。

同率2人の場合、2人が予選で直接対決したときの勝者が上位となります。

3人で組んだ場合で、3人とも1勝1敗になったときは、取った合計枚数が多い方が勝ちとなります。

 

決 勝

          予選各ブロックの1位同士でトーナメント戦を行います。

 

試合前

          読み手の先生が「あいさつをしましょう」といったら、「よろしくおねがいします」とあいさつし、あくしゅしましょう。

          じゃんけんをして、2つのうちどちらかの札10枚(審判が分ける)をとります。

          自分の札10枚を、よこ5列、たて2段にならべます。自分の札は、自分の方に向け、おたがいに札の頭をつけるようにします。

          ならべおわったら、札の位置を覚える時間が1分ほどあります。このとき、自分の札・相手の札をうら返してみることができます。ただし、札の場所を変えてはいけません。

 

試合中

          上の句と下の句が、1回ずつ読まれます。

          1首読まれる間に手でふれていいのは、1枚だけです。(もし2回以上ふれてしまった場合は、審判の指示に従います。)

          札を取るときには、「ハイ」と声を出します。

          取った札は、自分の手元(左右どちらでもよい)においておきます。

          2人の手が同時に札にふれた(ついた)ときには、審判の指示に従います。

          手が上下に重なったときは、下に手がある人が取ります。

          札のうら(上の句)を見てはいけません。お手つきになります。

          とちゅうで、札を移動させません。

          札が読まれたら、自分の手はひざにつけてください。手をかざしながら札を探してはいけません。

 

お手つき

          まちがえた札にふれたり、試合中札を動かしたり、裏返ししたりしたら、「お手つき」となります。

          「お手つき」をしたら、自分の取った札から1枚、「場」に出します。2度お手つきがあったら、2枚出します。自分の札、相手の札にかかわらず、同じようにお手つきとなります。

          「場」の札は次の札を取った人が、1枚だけもらえます。

          「場」に2枚以上あった場合には、その次の札を取った人も1枚もらえることになります。

          1枚も取っていない時にお手つきをした場合は、「1回休み」となります。

 

勝 敗

          札は、17枚読まれます。

          多くの札を取った人が勝ちとなります。同数の場合は、もう一枚読み、勝敗を決めます。

 

表 彰

          3位以上を表彰します。

          参加者全員に、参加証をお渡しします。