(C)TOSSランド/入門向山実践の楽しい授業/『いかなる場でも貫く教師の授業行為の原則』P36/体育



サッカーのキック練習

TOSS栃木・新村 勲

向山洋一の授業シリーズ・第4巻『いかなる場でも貫く教師の授業行為の原則』(明治図書)P36にサッカーのキックの練習法が紹介されている。

子どもたちは熱中し、運動量も確保できる。寒い冬でも、汗びっしょりになる。

どの学年でも実践できる。サッカーの授業の始め5分〜10分程でやることをお勧めする。


ラインを引く。または、トラックのロープを利用する。
離れたところにカラーコーンを2つたてる。
ライン上にボールをおき、キックする。
カラーコーンをボールがぬければ、成功である。
ボールは自分でとりにいく。
キックの練習をしながら、子どもたちは知らず知らずにたくさん走っていることになる。
他の人のボールを止めたり、けり返したりしてはいけない。
「他の人のボールには触りません」ということを守らせる。
これをシステム化する。
何段階もつくる。
校庭でやるときには20段階くらいつくる。
サッカーが苦手な女の子でも簡単に成功する
距離から、徐々に遠くしていく。
レベル1をクリアーしたら、レベル2へ。
レベル2をクリアーしたらレベル3へ、・・・・、と1つずつ進んでいく。
なかなか通らない子には、教師が幅を広げたりして応援する。
こんな単純なことに子どもたちは熱中する。
しかも運動量も確保できる。
5分もやると汗びっしょりである。

最後までクリアーした子はどうするか。
今までは、またレベル1から反対の足で挑戦させていた。
右足でやっていた子には左足で最初からやらせた。
これはこれで、得意な子は熱中した。

次の方法は、向山氏から直接伺った方法である。
簡単なところはだれもいなくなる。
そこで、レベル1のカラーコーンの向こうにレベル2のカラーコーンを。
さらにその向こうにレベル3のカラーコーンを同じ幅で並べる。
3つのカラーコーンの間を通さなければならない。
「超難問です!」といって挑戦させる。
これが結構難しい。
途中で曲がってしまうのだ。
得意な子も夢中で何度も挑戦する。


TOPページTOSS下野教育サークルTOSSランドご意見・ご感想

Copyright (C)TOSS Isao Niimura. All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません