(C)TOSSランド/入門向山実践の楽しい授業/『向山洋一年齢別実践記録集』第20巻・学級通信「アチャラ」No.9/理科



じゃがいもは何でふえるか


TOSS栃木 新村 勲

6年生の理科で、光合成を学習する。インゲンマメやじゃがいもを使う。
4月にインゲンマメとじゃがいもの種をまき、育てておかなければならない。インゲンマメはプランターや植木鉢に種をまき、じゃがいもは教材園にたねいもをまくことにした。
まいて育てるだけでなく、学級通信「アチャラ」No.9に紹介されているじゃがいもの授業を追試してみた。
楽しい授業となった。6年最初の理科の授業にお勧めである。

たねいもを1袋用意する。種屋で購入した。

たねいもを1つ持ち、見せながら問う。

発問 じゃがいもは何でふえますか。

「じゃがいもでふえる」という答えがあり、全員賛成する。

説明 今まで育てたものを思い出します。ヘチマはたねでふえました。ヒマワリもたねでふえました。朝顔もたねでふえました。

発問 じゃがいもにはたねはありますか。

「じゃがいもはたね」「じゃがいものへこんだところから芽が出る」という意見がでた。
たねいもを1人に1つずつ配布した。根がまだ出ていないものにする。

発問 確かにこのじゃがいもから芽が出ていますね。では、根はどこから出てくるのか絵にかきましょう。
    じゃがいもをかいて、芽をかいて、根をかきます。

ノートにかけた子には黒板にかかせた。

出された意見を整理した。3つに分けられた。

どの意見に賛成するのか手を挙げさせた。

A案(切り口から根が出てくる)→2人、B案(芽の反対側から根げ出てくる)→4人、C案(芽の出ているところから根が出てくる)→16人。

それぞれ理由を言わせてみた。

A案→家でじゃがいもをうえるときに切ってうえていたのをみたことがある。

B案→芽と同じところから根が出るのはおかしい。

C案→5年生のときに育てたインゲンマメは芽と根が同じところから出ていた。

説明 実験をして試してみます。A案、B案、C案それぞれケースを渡しますから、どのようにすれば根が出てくるのか自分たちで考えて準備してごらん。

A案は2人で1グループ、B案は4人で1グループ、C案は4人ずつ4つのグループに分けて準備させた。A案の子はじゃがいもをカッターで切って準備していた。

数日後、結果がでた。

はずれた子はもちろん、正解した子も驚いていた。「本当にこうなるとは思わなかった」などとつぶやいていた。

楽しい授業となった。

光合成の実験に必要だから、たねいもをまいて育てる。今まではこれだけであった。最初の理科の授業で、ただ種まきをするだけではつまらない。

6年理科の授業開きにお勧めの授業である。


TOPページTOSS下野教育サークルTOSSランドご意見・ご感想

Copyright (C)TOSS Isao Niimura. All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標第5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合わせください。