入門向山実践の楽しい授業/『向山洋一年齢別実践記録集』第20巻・学級通信「アチャラ」No.53/国語  TOSS栃木・新村 勲

返信用ハガキの書き方
学級通信「アチャラ」No.53を読むと、4年生の7月、国語の時間に返信用ハガキの書き方の授業が行われている。
向山先生はできた子どもに持ってこさせて点数をつけている。子どもたちは何度も挑戦している。
原文をもとに次のように授業してみた。

返信用ハガキをプリントアウトして配布する。(A4またはB5の横に設定してプリントアウトする)

友達の向山洋一くんから結婚式の招待状が届きました。
返信用のハガキに出席か欠席の返事を書いて送らなければなりません。
プリントの右側がハガキの表です。左側が裏です。

返信用ハガキのサイトをプロジェクターで投影するとよい)

自分なりのやり方で返事を書いて、先生に見せにいらっしゃい。

持ってきた子に点数をつける。
@「行」を消して、「様」に直している→20点
A「ご」を消している→60点
B「芳」を消している→20点
上記3点ができていれば合計100点。
さらに、「楽しみにしております」「行けなくて残念です」などの
添え書きがしてあれば10点加算する。

相手は自分のことをへりくだって「行」としましたが、こちらから出すときには「様」に直すのが礼儀です。
自分が「ご出席」とはおかしいですね。「ご」は斜線で消します。
さて、「芳」も消す必要があります。これも敬語です。自分に敬語を使うのはおかしいですね。
これができれば100点です。
返信用ハガキ訂正見本サイトを表示する。訂正すべきところをクリックして見本を示す。)

〜くん、〜さんは110点をとりました。

110点をとった子に添え書きを発表させる。
または、黒板に書かせる。

このように何かひとこと付け足すのが礼儀です。
「ご出席なさいますか」の答えとして「欠席」では、ぶっきらぼうです。
欠席の場合など「所用があり、残念ながら欠席いたします。」ぐらい書いた方がいいです。



[インターネットランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −