(C)TOSSランド/入門向山実践の楽しい授業/『向山洋一年齢別実践記録集』第20巻・学級通信「アチャラ」No.11/国語



言葉あそび(「あ」のつくことば)

TOSS栃木・新村 勲

 学級通信「アチャラ」No.11に、4年生の国語の時間に言葉あそびをしながら辞書の勉強したことが書かれている。

 原実践では、1班の子には国語辞典から「あ」のつくことばの中で、自分で使えそうなものをノートに書かせた。そして、できるだけ「あ」のつくことばを多く使って文を作らせた。2班には「い」、3班には「う」というように班ごとにことばをかえている。できた文は教師のところに持ってこさせ、批評している。よいものは学級通信で紹介している。

 本実践(5年生)では、全員「あ」のつくことばに限定した。しかし、作文の苦手な子も楽しみながら書いていた。

 今度は、原実践のように班ごとにことばをかえてやってみる予定である。


「あ」のつくことばフラッシュサイトをマートボードに映し出す。

※フラッシュサイトは栃木セミナー・インターネットランド東京会議で松崎力氏が模擬授業されたサイトをもとに作成した。

画面下側をクリックし「あさ」「あまど」「あける」を順に表示する。子どもたちは自然と声に出して読んだ。

あさ、あまど、あける。何か気づいた人はいませんか。

全部「あ」からはじまっている、「あ」がついている、3つのことばで文がつくれそうなどの意見が出された。

3つとも「あ」ではじまることばですね。
この3つのことばを使って簡単な文を作ってごらん。

子どもたちは次のように書いていた。

あさ あまどを あけた。

先生はこのようにしました。(サイト画面下側をクリック)
あさ あまどを あけると あめがふっていた。
もう一つ。
あさ あまどを あけると あやしい人が立っていた。

ここで笑いがおきた。

今日は「あ」のつくことばをたくさん使って文を作ってもらいます。
まず、自分で使えそうな「あ」のつくことばを辞書で調べて、ノートに書きましょう。

5分ほど時間をとる。少ない子でも20個ほど書いていた。多い子は40近く書いていた。

先生はこんな文を作ってみました。
※ここでサイトにある2つの例文を読む。

ここでも笑いがおきた。

では、みんなもノートに書いてごらん。
書けたら持ってきます。

持ってきた文に次の基準で評定した。

「あ」のつくことばが5つ以上あって、意味が通じる文・・・A
「あ」のつくことばが10以上あって、意味が通じる文・・・AA
「あ」のつくことばが20以上あって、意味が通じる文・・・AAA
表現の素晴らしいものにはそれぞれA○、AA○などと○を加えた。

向山氏は、第一席、第二席に選んだ文は、あくまでも私ごのみであり、このような評定にとらわれないことを願うと書かれてる。また、ことば遊びの面白さを一つ体験すれば、この授業の目的はほぼ達成しているとも書かれている。
したがって、とりあえず、「あ」のつくことばが5つ以上あって、意味が通じる文が書ければ「A」とした。

学級通信には全員の文を紹介した。

ここでは、いくつか紹介する。

・暑い日の朝、朝ねぼうをしてしまった。あわてて、あみどをあけたらあさがおに朝つゆがのっていた。よくみると、あおむしとアゲハチョウが集まって、遊んでいた。

・朝、赤の洋服と青のズボンをはいて、あさがおを見ながらアイスを食べた。そしたら、まわりにありがあつまってきた。
・悪人は、足をいたそうにしていた。赤と青の服をして足をひきづっていた。あさがおとアルコールランプとアコーディオンをもちながら「アイ ラブ ユー」といって、たちさった。悪人はぼくを愛していたようだ。(これを発表したときには笑いがおきた)


最高で36の「あ」のつく言葉を使った文を書いた子がいた。1ページびっしりである。


TOPページTOSS下野教育サークルTOSSランドご意見・ご感想

Copyright (C)TOSS Isao Niimura. All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標第5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合わせください。