@「水のサイクルとその汚れ」(2時間)   次へ    もどる      トップ

  授業のねらい ・水は命のもとであること

・水のサイクルとその汚れについて

・すべての人が加害者であり、すべての人が被害者であること

上記三点を理解させ、今後の活動の動機付けとする。

 これから、総合的な学習の時間に「水」について学習していきます。まず、みんなが水についてどんなことを知っているのかを知りたいんです。どんなことでもいいです。「水」について知っていることを箇条書きしなさい。時間は5分です。どんなことでもいいから、できるだけたくさん書きましょう。2つ書けた人は黒板にでてきて書きましょう。

水は液体  ・水は川に流れている   ・人の体のほとんどが水  ・水は飲み物 ・おいしい水とまずい水がある   ・地球の半分は水  ・水はとうめい ・水は蒸発する  ・水は凍る  ・水は温度によって変化する  ・味がない

・温めると気体になる ・氷がとけると水になる   ・水道から出てくる ・人間にとってなくてはならないもの

などが出された

それでは、その「水」は地球上のどこにありますか。

海  ・川  ・地下水  ・家  ・水道  ・人間の体の中 ・ペットボトル ・水たまり  ・空気中の水蒸気   などが出された

資料を見せながら説明する

はいろいろな所にありますが、地球上に存在する水の97.4%は、海水です。人間をはじめ陸上に住むすべての生き物は、淡水(塩分を含まない水)でなくては生きていけません。その淡水はわずか2.6%しかありません。また、その大部分は南極や北極にあり陸上の生き物がつかえる淡水は、全体のわずか0.8%といわれています。そして、人間が比較的簡単に使える淡水は、全体のわずか0.007%と言われています。地球は水の惑星などと言われているけど、生き物や人間が使える水は実はほんのわずかなんです。 

生き物は水がなくては生きていけないと言われています。まず、植物について考えます。きゅうりは、重さの何%が水ですか。@16%A56%B96%

きゅうりは96%、つまり、100g中96gが水です。ちなみにキャベツは92%、トマトは95%

では、動物について考えましょう。魚のあじの重さの何%が水ですか。@20%A50%B70%


あじの体重の72%が水です。ちなみに、かつおは、70%、かえるは、77%


では、人間は体重の何%が水ですか。何%と書きましょう。

大人は体重の約65%が水です。生まれたばかりの赤ちゃんは、体重の約80%までが水です。人は食べ物を食べなくてもすぐには死にませんが、水を飲まないと一週間くらいで死んでしまいます。生き物の体のほとんどが水なんです。どんな生き物も水がなくては生きていけないんです

(当てはまる言葉を考えさせながら「水のサイクル図」を板書する。)
海の水は、太陽に温められて蒸発し、水蒸気となり上空に昇ります。その水蒸気は上空で冷やされて雲となります。そして、雨となって地上に降ってきます。降った雨は土にしみこみ、やがて川へ流れ込みます。川の水は下流へどんどん流れていきます。そして最後には海へと流れ着くのです。また、ヒトは、その川の水を水道として利用し、使った水は、下水として再び川へ流します。

このような図を「水のサイクル図」とよんでいます。水は旅をしています。このようにグルグル回っています。地球の水は、数十億年の間このサイクルでグルグルと回っていました。でも最近、このサイクルが汚れてきました。

        

このサイクル図を写して、汚れているところ全部に×をつけなさい。

終わった人は黒板にでてきて×をつけなさい。そして、理由を考えておきなさい。

・すべてのところに×がついた

雨に×をつけた人(挙手させて確認)。理由を言える人いますか。

分かる児童に発表させたあと、写真資料で酸性雨について説明する。

地下水に×をつけた人(挙手させて確認)。理由を言える人いますか。

分かる児童に発表させたあと、写真資料で農薬や化学肥料による地下水の汚染について説明する。

水道に×をつけた人(挙手させて確認)。理由を言える人いますか。

分かる児童に発表させたあと、写真資料でタンクや水道管の汚れについて説明する。また、水道水の塩素消毒により発生するトリハロメタンについても説明する。

川に×をつけた人(挙手させて確認)。理由を言える人いますか。

分かる児童に発表させたあと、写真資料などで川の汚染について説明する。また、川を汚す家庭の排水についても説明する。

海に×をつけた人(挙手させて確認)。理由を言える人いますか。

分かる児童に発表させたあと、写真資料で海の汚染について説明する。

(ここまでで1時間終了)



「水のサイクルとその汚れ」(2/2) ※2時間続きで指導する

1 ねらい  授業の感想を発表し、「水」について調べたいことを考える。

2 展開

では、このように水を汚してしまったのはだれでしょうか。

   ・人間

そうです。わたしたち人間です。みなさん一人一人です。ここにいる一人一人が加害者です。みんなもトイレを使うでしょう。お風呂や台所から汚れた水を流すでしょう。そうしたことで川を汚し、環境を破壊しているんです。
汚れた海の魚を食べるのはだれでしょう。

 ・人間

汚れた水で育った野菜を食べるのはだれでしょう。

   人間

汚れた水(浄水場できれいにはするが)を飲むのはだれでしょう。

  ・人間

そうです。わたしたち人間です。みなさん一人一人です。ここにいる一人一人が加害者であり、そして、被害者なのです。水の汚れが原因で多くの魚や生き物が死んでます。絶滅したものもいます。魚や生き物に起きたことは最後に人間に起こるでしょう。人間がこれから先、生きていけるかどうかの大問題です。何とかしなければなりません。みんなの手で何とかしなければならないのです。
それでは、今日の授業の感想を書きましょう。分かったこと、考えたこと、ふしぎに思ったことなどどんなことでもいいです。

     川の水は人間がよごしていることが分かった。水を汚さないようにしたい。

     海がよごれて、クジラや魚が死んでいる。人間は悪いことをしている。

     人間がやっていることが最後にはもどってくる。

     水はいろいろなところでよごれている。もとはといえば人間がきたなくした。

     魚や生き物に影響を与えているので、水をよごさないように努力したいと思った。

     地球は本当にやばい。考えよう、わたしたちの生活!

     ちょっとむずかしかったけど、いろいろ勉強になった。

などがだされた。

最後に、「水」について調べてみたいことがあったら書きましょう。

書けない子が多かったので、次のように言った。

 総合的な学習では課題を考えることが大切な勉強なんです。こんなことをくわしく調べてみたい。こんなことをやってみたい。こんなことなら自分たちでも調べられそうだ。「水」についてです。学校の中だけでなく、学校のまわりにも目をやってみましょう。みんなから出された考えをもとに、この後「水」についてどんな勉強をしていくか考えていきます。

(となり同士やグループで話し合わせた方がよかった)

 子どもたちからだされた考えは別紙の通り



[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −