総合的な学習の時間/小学校高学年/環境教育・水

子ども「水」探偵団  〜地球規模で考え、足元から行動する〜

総合的な学習の時間(高学年・環境「水」)  
※この実践は5年生のものであるが、パックテスト(pH・COD)や水酸化ナトリウムをつかった廃油石けん作りなどの活動があるので6年生の方が適している。
全25時間授業記録(発問・指示・説明、児童の反応、児童の活動 等)
 活動計画(25時間)                             

水のサイクルとその汚れ(2時間) 水のサイクルとその汚れについて学習する。
・水について調べたいことを考える。
水質検査の方法を理解する。(2時間) ・透視度、パックテストによるpH・CODの測り方を理解する。(1時間)
・学校の水(中庭の池、プールなど)の水質検査をする。(1時間)
姿川の水質検査をする(2時間) 水生生物について理解する。
 姿川の水質検査をする
思川の水質検査をする(2時間) ・思川の水質検査をする。
生活排水を調べよう。(COD)(3時間) ・川の汚れの原因は何か。(1時間) 
生活排水のCODを調べよう。(2時間)
家から排水を持ってきて、100倍、1000倍・・・とうすめていき、CODを測る。どれだけうすめればきれいになるか。
自分たちにできることを考える。(1時間) 水を汚さないために、水をきれいにしていくために自分たちにできることは何かを考える。
本やインターネットで調べる。(2時間) 水を汚さないために、水をきれいにしていくために自分たちにできることは何かを 本やインターネットで調べる。
 講師(環境アドバイザー)の話を聞く。(1時間) 水を汚さないために、水をきれいにしていくために自分たちにできることは何かについて専門家の話を聞く。
廃油石けん作りをしよう(4時間) 合成洗剤の害について考える。(1時間)
 廃油石けん作りをする。各家庭、学校で利用していく。(3時間)
10 EMの活用(1時間) ・EMによるの水の浄化について考え、米のとぎ汁EM発酵液作りをする。
11 新聞にまとめる(2時間) ・学習してきたことを各自新聞にまとめる。
12 家庭・地域に呼びかける。(3時間) チラシ(水を汚さないために、水をきれいにするにはなど)をパソコンで作成し、各家庭や地域によびかける。また、校内(家庭科室など)にも掲示する。

[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −