F講師(環境アドバイザー)の話を聞く。(1時間)   次へ   もどる
   水を汚さないために、水をきれいにしていくために自分たちにできることは何かについて専門家の話を聞く。

    1.講師紹介(環境アドバイザーの関谷啓三先生)、あいさつ

      2.講師の話(水を汚さないために、水をきれいにしていくために自分たちにできることは
      何かについてポイントをしぼって話をしていただく。)

      ※講師(環境アドバイザー)関谷啓三先生が用意してくださったプリントを児童に配布しておく。

      3.質問、お礼

      4.感想、分かったことなどをまとめる(時間がなかったので、ゆとりの時間を利用して書かせた)
       ※一人一人の感想をまとめて表紙をつけて、写真とともに後日講師に郵送した。

    児童の感想から

・関谷先生どうもありがとうございました。とても勉強になりました。いろいろな川がどれだけよごれているかわかりました。生活排水をあまりださないほうがいいということがわかりました。川にいる微生物や水中植物を大事にしたいと思いました。
・関谷先生の話を聞いて初めて知ったことが2つあります。1つめは木炭が水をきれいにしたり、悪いにおいをとってくれるということです。2つめはバクテリアの大量発生で水の中の酸素がへってしまうということです。酸素がへってしまうと魚も住めなくなります。生活排水を出さないこと大切だということがよく分かりました。いろいろ教えてくださってありがとうございました。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −