ORT(経口補水液)とユニセフの援助(1時間)   もどる   
※大恵信昭氏の「ORTとユニセフの援助」の授業(JVE誌47号)の一部修正追試

紙コップを全児童に配る。ペットボトルに入った自家製のORTを紙コップについで回る。
ORTの作り方:水(煮沸したもの)1リットルに対して、砂糖40gと塩3.5gを溶かす。

これは特別な飲み物です。飲んだ感想を発表してもらいます。

・あまい  ・まずい   ・アクエリアスみたいな味がする  ・気持ちが悪くなる

これは「ORT」という飲み物です。ORT(板書)とノートに書きなさい。
みんなで声に出して言ってみましょう。

このORTを必要とするのは、どんな人だと思いますか?ノートに書きなさい。

・病気の人   ・体の不自由な人   ・栄養不足の人
PowerPointでアフリカの子供の映像(http://www.azumino.matsumoto.nagano.jp/human/unicef/unicef.htmlより)を拡大したものを写す。

アフリカやアジアなど、発展途上国の子供たちなのです。
この水は「経口補水液=ORT」といいます。成分は塩と砂糖(ブドウ糖)で、ある割合で入っています。必要としているのは、発展途上国の子供たちです。この水によって下痢による脱水症状を予防することができます。人間の体の約3分の2は水なのです。それが不足した状態が続くと体も精神も傷つけられ、体がけいれんを起こすのです。そして最悪の場合には死に至ってしまうのです。
「下痢による脱水症状を予防する」(板書)とノートに書きなさい。

では世界中でどれくらいの子供が1日に亡くなっていると思いますか?次の中から選びなさい。  A 400人 B 4000人 C 40000人

・Aが2名。・Bが3名。 ・Cが18名。

現在世界中で、毎年1400万人の子供たちがなくなっています。一日にすると4万人の子供たちが亡くなっています。小山市の人口が約15万人だから4日で小山市民と同じくらいの子どもが亡くなっているのです。1分に直すと27人です。こうしている間にも、この教室にいる人より多い数の子供たちがなくなっているのです。

1分間に27人の子供が亡くなっています。ちょっと実感してもらいます。静かに聞きなさい。
・(教室をゆっくりと歩きながら、)「1 2 3 一人亡くなりました。」(一人の生徒の肩をたたく。)
 「4 5 6 二人目。」「7 8 9 三人。」 「このように次々と亡くなっています。」

・教室中が、水をうったように静かになった。

子供たちのなくなった原因の第一位は下痢です。下痢によって、毎年400万の子供が亡くなっているのです。

PowerPointで子供が水分を摂っている映像(http://www.azumino.matsumoto.nagano.jp/human/unicef2/index.htmlより)を拡大したものを写す。

子供たちが水分を摂っている所です。「ORT」を飲んでいる時の説明文がありました。
栄養が十分でない開発途上国の子どもたちは身体に抵抗力がなく、不衛生な食べ物や水などが原因でしばしば下痢におそわれ、脱水症状で死に至ってしまいます。その数は5才未満の乳幼児だけで年間約300万人。しかし、塩とぶどう糖を適切に混合した経口補水塩(ORS)を安全な水にとかして与えるだけで、この子どもたちの命を救うことができます。脱水症状で弱々しく動くのも大変な子どもが、経口補水液「ORT」を少し飲んだだけで、その手足に少しづつ力がよみがえり、やがて目に光りがさし、子どもの顔にほほえみが浮かびます。数日たつと危機を脱し、元気に跳びまわる子どもに戻ることができるのです。

PowerPointで「ORS」の映像(http://www.azumino.matsumoto.nagano.jp/human/unicef2/index.htmlより)を拡大したものを写す。

先生は一度沸騰させた水に決められた量の砂糖と塩を入れて自家製のORTを作りました。開発途上国の子どもたちにはこの袋に入った粉を水に溶かして飲ませます。この粉一袋の値段は、いくらだと思いますか。

正解はたったの7円です。

こんなに安くて簡単に作れるORTがあるのに、たくさんの子供たちが下痢で亡くなっているのはどうしてでしょうか? 予想して書きなさい。

・ORTを買うお金がない。

もともと飲んでもよい安全な水がないのです。日本では水道の蛇口をひねるときれいな水がいつでもでてきます。しかし、家にも村にも水道がないところでは、川や池の水を利用しています。その川や池に、下痢を起こしやすい雑菌が多くすんでいるのです。雑菌がいるために、ORTをすぐに作ることが出来ないのです。

 こういった子供たちを救う国際機関があります。知っている人はいますか?  ヒント ユ○セ○

・ユニセフ  ・社会の教科書についてるよ
PowerPointでユニセフの援助による給食の映像(http://www.azumino.matsumoto.nagano.jp/human/unicef/mukashi.html)を拡大したものを写す。

映像(ユニセフの援助による給食)をみなさい。これはどこの国でしょう。何をやっているところでしょう。

・中国、食べ物の配給。   ・韓国、食べ物を配っている。     ・日本、給食。

実は、これは日本なのです。日本も35年程前まで、ユニセフの援助を受けていたのです。戦後の食糧難でくる日くる日もジャガイモとさつまいもを食べていた時代、ユニセフの援助による学校給食のミルクは子供たちの栄養改善に大きな役割を果たしました。戦後間もない昭和24年(1949)から昭和39年(1964)まで、15年間にわたり当時の金額で65億円相当の援助を受けました。

最後にユニセフ(国際連合児童基金)の事務局長、キャロル・ベラミーさんから、みなさんへのメッセージがあります。
拝啓 私は、ユニセフ(国際連合児童基金)の事務局長を務めておりますキャロル・ベラミーと申します。ユニセフは、開発途上国の子どもたちの生存・発達・保護を支援し援助活動をおこなっている国連機関です。(略) 
 ユニセフは現在、130ヵ国を超える開発途上国に現地事務所を置き、経口補水療法、予防接種、栄養指導、初等教育の普及、児童労働問題への取り組みなどを日々たゆみなく続けております。皆様からの温かいご支援とユニセフの活動が実り、経口補水療法は現在広範囲に実施されていて、毎年150万人近くの子どもを救っています。また全世界の予防接種率は80%に上昇し、年間約300万人のこどもの命が救われています。
 しかしそれでもなお、予防可能な原因によって毎年900万人以上の子どもたちが命を失い、1億4000万の子どもたちが初等教育を受けられず、栄養失調に苦しんでいる子どもたちは1億6500万人にも達しています。(略)
 ひとりひとりの皆さまがお寄せくださるユニセフ募金は、何十万、何百万という子どもを救うことにつながっています。子どもたちを悲惨な状況に戻すことのないよう、脱水症状で衰弱した幼い子どもたちが一日も早く元気になれるよう、皆さまのお力添えをお願い申し上げます。                敬具   ユニセフ(国際連合児童基金) 事務局長 キャロル・ベラミー

今日の授業で分かったこと、思ったこと、感じたことどんなことでも結構です。自由に書きなさい。

[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −