国際交流教室、お礼の手紙を書く(3時間)        もどる    

1、2時間目「国際交流教室」
※市の国際交流協会にあらかじめ計画書を提出する。
@あいさつ、自己紹介
 ・中村先生(韓国)
 ・ネディー先生(フィリピン)
 ・ニサール先生(パキスタン)
  国際交流協会の方3名(兼沢さん、大出さん、持田さん)
A各国の衣食住に関する話をしていただく。(一人15分ぐらい)
B各国のゲーム・歌・会話などを教えていただきく。(一人15分ぐらい)
C質問
Dお礼に笛の演奏をする。(「さくら」「君が代」など)
Eあいさつ

3時間目  お礼の手紙を書く

・国際交流教室が3時間目の途中までかかる。終わった後に、お礼の手紙を書かせる。
・自分が調べた国の人へ書かせる。
・書き初めは「ありがとう」をそれぞれの国の言葉で書かせる。後は日本語で書かせる。
・まとめて表紙をつける。表紙には写真をはる。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −