自分たちにできることを考える (1時間)    次に   もどる
(水を汚さない、水をきれいにしていくにはどうしたらよいか)
ねらい ・「水を汚さないために自分たちにできることはなにか」を考えることができる。
    ・資料で調べるための計画をたてる。
展開

今までの記録(ファイル)を配布しておく。

いままで「水」についていろいろ勉強してきました。どんなことをしてきましたか。分からない人は、ファイルをみて思い出してごらん。(列指名)

・思川の水を調べた   ・姿川の水を調べた  ・プールの水のパックテストをした ・「水のサイクル図」  
・排水のパックテスト  ・川の生き物をとった  
などがだされた

今までの学習でどんなことが分かりましたか。思川や姿川の水はきれいだった?

    少しきたなっかった 

みんながもってきた排水はどうだった?

・きたなっかった   ・1000倍にうすめてもきたなかった

これからどんなことをしていくか。
ファイルにとじてある 「水」についてくわしく調べてみたいこと(集計) をみてみよう。「8番川などの水をきれいにする活動はどうやっておこなわれているか調べたい。」「9番 わたしたちが水をよごしているので、川の水などをきれいにしたい。」大変よい考えです。今まで、川の水や排水の汚れについて調べてきましたが、これからは、水をよごさないためにはどうすればいいかということを考えていきましょう。
環境の学習では、調べることも大切ですが、その次の段階、じゃあどうすればいいのかを考えて行動にうつすことも大切です。自分たちになにができるのかを考えていきましょう。

「水を汚さないために自分たちにできることはなにか」を考えます。できるだけたくさんプリントに書きましょう。箇条書きです。2つ書けた人は黒板に書きなさい。

・川や海にゴミをすてない  ・川や海のゴミを拾う  ・牛乳などはうすめてから流す ・EMをつかう   ・残り物を出さない、流さない   ・洗剤を使いすぎない  などがだされた

このなかで、これじゃあ意味がないというのがあります。どれですか。

・牛乳などはうすめてから流してもそのまま流すのと結局同じこと。

もう少しでると思っていたんだけど、少し難しかったかな。自分ひとりで考えても分からないときは、どうしたらいい。何かで調べればいいよね。先生が資料をもってきました。
(「地球環境を救え」を全児童に配布する)
6ページ、7ページを開いてごらん。読みなさい。
「自分たちにできること」が書いてあります。プリントに書きましょう。

(指名して発表させる)

このように資料で調べると分かるよね。資料で調べる力も大切なんです。
「水を汚さないために自分たちにできること」はまだあります。どのように調べたらいいですか。

・本   ・インターネット    ・詳しい人に聞く    がだされた

詳しい人に聞くのはいい方法です。でも、環境問題に詳しい人はなかなかいません。先生が知っている人に頼んでみます。環境アドバイザーといって、環境問題の専門家です。
その前に、まず自分たちで調べてみましょう。図書室で本で調べるかパソコン室でインターネットで調べます。1つのグループ(4人)でパソコン3台まで。

図書室で本で調べるという人。パソコン室でインターネットで調べる人。(人数を確認する)


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −