体育/小学校/組体操/

                            組体操 一番最後の指導
                                                小山市立羽川西小学校 新村勲   もどる  
 組体操の一番最後の練習(運動会の前日の練習)残り5分になったら、次のように指導すると効果がある。

 これで、組体操の練習は終わりです。最後に「気をつけ」の姿勢をチェックします。
 技と技の間に「気をつけ」の姿勢をとります。この「気をつけ」も大切な技なんです。全員がきっちりとした「気をつけ」をすれば、それだけで美しいのです。きれいなんです。この「気をつけ」がきっちりできれば、それぞれの技のポーズもきれいに決まるでしょう。

・練習の最後にくどくどと話をしない。本番への緊張感、集中力を高めるために「気をつけ」の姿勢をチェックする。
・「気をつけ」も大切な技の1つであることをそれまでの練習でも指導しておく。

「中指を伸ばしなさい。」 「担任の先生に合格と言われたら座りなさい。」   

・手の指、中指一本に注意を払わせる。(細分化の原則)

「中指がぴーんと伸びてる。合格。OOくん、明日もたのむよ!」(握手)
「きれいです。10点。OOくん、練習本当にしっかりやってたね。」(両手で握手)
「合格。OOさん、土台が多いけど、しっかりやってたねえ。先生見てたよ。」(握手)
「美しい気をつけです。合格。」(頭をなでる)(握手)
・・・・・・

・それぞれの担任の先生に事前にお願いしておき、協力してもらう。
・一人一人テンポよく個別評定する。 
・短く、激励の言葉をかける。そして握手する。

 [TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −