体育/小学校低学年/準備運動/
体育館で汗びっしょり(汗だく・ボウリング!)

                        小山市立羽川西小学校 新村勲   もどる    

 特に低学年の場合は、向山先生の「サッカーのキックの練習」(下記参照)をキックではなくボウリングにしても盛り上がる。もちろん高学年でも盛り上がる。
 低学年の場合、特に女子はキックがまだ上手にできない子が多いので、ボウリングにするとだれもが楽しく取り組める。
よって、運動量も増える。体育館でも楽しみながら、運動量を確保できる。技能の向上ではなく、とにかく体育館で運動量を確保するための1つの方法である。名づけて、「汗だく・ボウリング!」
・ボールはドッジボールを使う。決められた線からボウリングのようにボールを転がす。
・体育館の縦の方向にコースをつくる。できるだけたくさん、十段階ぐらい。(体育館の広さに応じて)
・それぞれの段階にカラコーンを1つずつたてる。カラコーンにボールが当たったら成功。次の段階に進む。
・もちろん、自分のボールは自分で取りに行く。人のボールをとってあげてもいけない。
・特に高学年になると、歩いてボールを取りに行ったりもどったりする子がでてくるので「歩いてボールを取りに行ったりもどったりした子は初めからやり直し」と言っておくとよい。

 サッカーで、キックの練習をさせようとしよう。ラインを引き、むこうに、カラコーンを二つたてる。(図A)
 カラコーンをボールがぬければ、成功である。ボールは自分でとりにいく。馬鹿な教師がいて、向こう側に子どもを置いていた。けったボールを投げ返させた。
 小さな親切大きなお世話だ。子ども思いの我流の方法は、宝物をぶちこわす。
 これは、けったボールをとりにいくからいいのだ。知らず知らずにたくさん走っていることになる。これをシステム化する。
 図(B)のように、何段階もつくる。私は校庭でやれば二十段階くらいつくる。体育館だと、十段階ぐらい。
 こんな単純なことに、子どもは熱中する。なかなか通らない子には、教師が巾を広げたりして応援する。人がいなくなった時は、もっと、むずかしくしておく。

(「いかなる場でも貫く教師の授業行為の原則」 向山洋一著 明治図書 36頁)

[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −