自由研究/環境教育/小学校高学年/はい油石けん
はい油石けん作りをしよう!     

はい油石けんの作り方はいろいろな方法がありますが、ここでは加熱しないで作るインスタント法を紹介します。
この方法ならば小学生(高学年)でもできます。ただし、カセイソーダ(水酸化ナトリウム)を使うので、必ず先生や保護者の人と一緒に作りましょう。
この作り方は大変かんたんです。はい油の種類、よごれ具合(よごれのひどいはい油の方が固まりやすい)、季節、気温などにより、多少差はありますが、30分ぐらいで水あめ状になります。はい油の量は3l以上がよく、少ないと失敗しやすくなります。
4〜5人のグループでやるとかき混ぜるのも交代でできるし、一人に牛乳パック1個分くらいの石けんができます。

用具
ゴム手ぶくろ
または、軍手
牛乳パック
5〜6個
18lの丸型オイル缶
(ガソリンスタンドなどでもらってくる)
かくはん棒(1m〜1.5m)
竹の棒など
おたま、ひしゃく、じょうごなど
材料
水 950〜1000ml カセイソーダ(水酸化ナトリウム)
500g
薬局で買える。印鑑が必要。400円位
はい油 3.3l
ジョウゴを使って2lのペットボトルに入れておくとよい
作り方
@カセイソーダ500gをオイル缶に入れる A水950〜1000mlを加える B棒でかきまぜてカセイソーダをとかす Cカセイソーダがとけてとうめいになったらはい油3.3lを入れる
D20分〜30分かきまぜる
水あめ状になる。室内でやる時は、新聞紙をしきましょう。
E冷めないうちに牛乳パックに入れ(おたまやひしゃく、じょうごなどを使うとこぼさないで入れられる)、ゆっくりひやす F翌日から1週間ほどで白く固まる。
Gほうちょうで切り分ける。天日干しすると白くなる。
  ビニルぶくろでラッピングして、バザーに出したり、近所に配ってもよい。
  注意!作りたてはアルカリ性が強く肌荒れするので、一ヶ月間ねかせてから使いましょう。

[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −