廃油石けん作りをする。各家庭、学校で利用していく。(3時間)   次へ     もどる

  ※廃油石けん作りに詳しい大出ハマさん(羽川西小学校の人材バンクに登録)を講師として招いた。
  ※図工室(床に新聞紙をしいて)で実施したが、カセイソーダを溶かす時に、
   けむりとにおいがでるので、外でやった方がよい。
  ※事前に使うものは準備しておくとよい。
  ※4人グループでやった。服装は長袖長ズボン、エプロン、ビニル手袋または軍手。  

1.
廃油石けん作りをする。(2時間)
  ・講師の大出ハマさんの紹介、あいさつ  1分
  ・作り方の説明  10分
  ・廃油石けん作り 45分  廃油石けんの作り方参照
  ・講師の大出ハマさんにお礼、あいさつ  1分
  ・片付け     15分
  ・教室にもどって感想や記録を書く    18分

  
2.各家庭、学校で利用していく。(1時間)
  ・できあがるまでの観察記録を簡単につける。固まり具合、色、においの変化など。
  ・でき上がった石けんの利用の仕方を考える。学校の流し、家、近所に配る、
   実際にみんなで土曜日に上履きを洗ってみるなど。 


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −