C排水を調べてみよう(生活排水のCODを調べる)  3時間     次へ    もどる      トップ
第1時  ねらい  ・川の汚れの原因のほとんどが生活排水にあることを理解する。
                 生活排水のなかのどんな水のCODを調べるか計画を立てる。

 展開(主な発問・説明など)

「水のサイクル図」は大切なので本時でもう一度確認する。子どもたちに質問しながら「海」から板書していく。
・海の水は温められてどうなりますか。→水蒸気
・水蒸気は上空で冷やされて雲になり、そして何となって地上に降りてきますか。→雨
雨は地面にしみこんでどうなりますか。地下水
・地下水はやがて湧水となりどうなりますか。
・川はどこへながれこみますか。
・川の水を利用しているのはだれですか。→人間
・このような図をなんといいますか。→水のサイクル図

水をよごしているのはだれですか。

     人間

人間が使ったよごれた水は川に流れていきます。それでは、川のよごれの原因になるものにはどんなものがあるでしょう。箇条書きにたくさん書きましょう。3つ書けた人は出てきて黒板にかきましょう。

@おふろの水  A洗濯の水  Bトイレのよごれた水     C台所の洗剤
D米のとぎ汁  E食器の油よごれ   Fしるものの残り   G使い終わった油
H工場の排水  Iゴミのポイ捨て   J酸性雨  が出された。

黒板に書かれたものを3つに分けます。家からでるよごれた水(@〜G)を生活排水といいます。工場などからの排水(H)IJはその他とします。この3つのなかで川のよごれの1番の原因になっているのはどれでしょう。

(少し考えさせたあと挙手で確認する)
・生活排水 14人   ・工場排水 8人  ・その他  2人

(資料 「栃木の環境 平成10年度 川の汚れのおもな原因」を拡大掲示して)
  栃木県では川の汚れの1番の原因は生活排水です。54.1%です。東京湾では68%。工場の排水の割合がなぜ少ないかといいますと、法律によって汚れた水をある程度きれいにしてからでないと川に流せないようになっているからです。

 それでは、川の汚れの1番の原因の生活排水を3つにわけます。@のおふろの水、Aの洗濯の水、C〜Gの台所の水の3つです。さて、この中で川の汚れの1番の原因になっているのはどれでしょう。

(少し考えさせたあと挙手で確認する)
・ふろの水 7人   ・洗濯の水 3人  ・台所の水  14人

 (資料 「                      」を掲示して)
 生活排水の中で一番川を汚しているのは台所の水です。二番目がお風呂の水、三番目が洗濯の水です。

それでは、一番の台所の水の中で川の汚れの一番の原因になっているのはどれでしょう。Cの台所の洗剤、Dの米のとぎ汁、Fのしるものの残り、Gの使い終わった油。この中のどれでしょう。

(少し考えさせたあと挙手で確認する)
       台所の洗剤 3人 ・米のとぎ汁 10人 ・しるものの残り 5人      使い終わった油 6人

(資料 「財団法人雑貨技術研究所 炊事排水の汚濁成分内訳」を拡大掲示して)
 台所の水で一番川を汚しているのは米のとぎ汁です。なんと半分以上の57.2
%です。米のとぎ汁はどの家庭からもほとんど毎日、多いところでは一日に二回も三回も流しています。

この次の総合的な学習の時間に生活排水のパックテスト(COD)をします。
例えば、米のとぎ汁を家から持ってきて100倍にうすめた時、1000倍にうすめた時のCODをはかってみる。また、何倍までうすめればきれいになるのか調べてみる。洗剤で食器を洗ったときの水ではどうかなどをグループで実験します。それでは、生活排水のどんな水を調べるか、今からグループで話し合って決めなさい。一つのグループで2種類調べます。

・米のとぎ汁  ・食器洗いをした水  ・洗濯してすすぎをする前の水  ・牛乳
・しょうゆ  ・みそしる   ・使用後のおふろの水  ・あぶら 
・ラーメンのつゆ   ・コーラ  ・石けんで手を洗ったときの水  などがだされた 

※グループ間で重複しないで、できるだけたくさんの種類の水が調べられるように調整する。

それでは、次の時間は、グループで決めた排水を持ってきます。フイルムケースや小さ目のペットボトルなどに入れて持ってくるとよいでしょう。

※最後に排水を100倍、1000倍にうすめる方法を説明しておく。

100倍にうすめるには、ビーカーに100mlの水をいれ、その中にスポイトで量った排水1mlをいれる。排水2mlだったら水2000ml。
1000倍にうすめるには、ペットボトルなどに1L(1000ml)の水をいれ、その中にスポイトで量った排水1mlをいれる。
2000倍にうすめるには、2L(2000ml)のペットボトルに水をいれ、その中にスポイトで量った排水1mlをいれる。
5000倍にうすめるには、排水1mlに対し水は5L(5000ml)。この場合、大きめのボールを使う。
これ以上うすめるにも同じようにやればよい。

(板書)
・100倍   排水1ml水100ml    排水2ml水200ml
・1000倍  排水1ml水1000ml   排水2ml水2000ml
・2000倍  排水1ml水2000ml
・5000倍  排水1ml水5000ml 
 
[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −