C生活排水を調べてみよう(生活排水のCODを調べる)   次に   もどる      トップ
第2時 第3時(理科室)
ねらい  ・実験の方法を理解する。
     ・自分たちが持ってきた排水のCODを調べる。

日付、実験のタイトル、実験の目的を書きなさい。(作業用紙またはノートに)

(板書)
実験のタイトル「排水を調べてみよう」
実験の目的  「排水をうすめていきCODをはかり、どのくらいうすめるときれいな水になるのかを調べる。」

先生が今から黒板に実験の方法をかきます。そっくりそのまま、ていねいにうつしなさい。(作業用紙またはノートに)

(板書)
実験の方法
100倍にうすめる場合   排水1ml水100mlまたは 排水2水200ml

@  ビーカーに水を200mlいれる。 Aスポイト(めもりつき)で排水20mlを入れる。 B    パックテスト(COD)にがびょうであなをあけて、うすめた排水をすいこむ(半分くらい) C時間がきたら判定用紙でCODを判定する 

これと同じ方法で、うすめる倍率をかえて、1000倍、5000倍などもやる。
1000倍のときは、ビーカーではなくペットボトル、5000倍のときは、大きめのボールを使う。

     その日の水温を事前に教師が計っておき、判定にかかる時間を子どもに知らせる。

結果をかく表も書いておきましょう。

(板書)

実験の結果

排水の種類

100倍

1000倍

5000倍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かったこと

実験を始めますが、確認します。何を用意すればいいですか。1つずつ言いましょう。

列指名でテンポよくきいていく
・ビーカー  ・スポイト  ・かきまぜ棒   ・ペットボトル   ・ボール 

それでは、協力して実験しましょう。

※実験が終わったらグループから後片付けをさせ、結果や分かったことをまとめさせる。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −