A水質検査の方法を理解する。(2時間)    次へ     もどる
  第2時 ・学校の水(中庭の池、プールなど)の水質検査をする。
     (パックテストを多めに用意し、この時間に全員に一度は経験させる。)

中庭の池の水質検査をグループでべつにやります。移動する前に、持ち物を確認します。
個人の持ち物は?  グループごとの持ち物は? (列指名で一人一つずつ言わせる)

個人の持ち物   ・記録用紙  ・筆記用具  ・タンケンボード(用箋バサミ)
グループごとの持ち物  ・ペットボトル透視度計  ・温度計  ・CODのパックテスト  ・pHのパックテスト

 (中庭に移動)

まず、池の水のようすをみて水の色、におい、気づいたことなどを書きなさい。

※少し時間をとってから

次に、グループべつに水温、透視度、pHをはかって記録しなさい。

※少し時間をとってから

CODをはかります。準備はいいですか。

※CODは水温によって検査時間がかわるので、どのグループもいっせいにはかる。水温から、検査時間を確認する。教師がストップウオッチを用意し 時間をしらせる。

最後に、感想や分かったことを書きなさい。

 (プールに移動)

さっきと同じ手順で進めなさい。グループ内で役割をかえてやりましょう。

※CODは水温によって検査時間がかわるので、どのグループもいっせいにはかる。水温から、検査時間を確認する。教師がストップウオッチを用意し 時間をしらせる。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −