目の不自由な人のことを知ろう (あかねこ点字スキルP2,3)      もどる 
 ◆教師  ・児童 )
◆点字スキルの2ページを開けなさい。みんなで読みます、サン、ハイ。
・日の不自由な人のことを知ろう
◆「知ろう」のとなりに日付を書きなさい。
◆ 1番、「下の図を見て、問題に答えましょう。@どこで見たことがありますか。たくさん書きましょう。」 時間は、2分です。
◆(2分後) 止め! いくつ書けましたか?
一つ? 二つ? 三つ? 四つ? 五つ? それ以上? スゴイスゴイ!
3列起立。一つ言ったら座りなさい。
・駅のホーム・歩道・階段・公民飴の中
◆今出た所以外で見たことがある人は立ちなさい。(数名が立つ)
◆全部言われたら座りなさい。(一人ずつ言わせていく) いろんなところにあるんですね。
◆Aなんのために作られたものでしょう。「あなたの考え」のところに書きなさい。時間は、2分です。(子どもの考えを見て回る)
◆(2分後) 予想できた人? (挙手指名。数名に発表させたら正解を告げる.
 正解を言います。「正しい答え」 に書きなさい。「日の不自由な人が、安全に歩けるところがわかるように作られた」 (2回読む) 少し付け加える。
◆これ、「点字ブロック」といいます。点字ブロックがあると、日の不自由な人は街を歩くとき大変助かるのですね。
2番。「日本には、日の不自由な人が何人ぐらいいるでしょうか。次の中から選び、記号で書きましょう。ア 5万人  イ18万人  ウ35万人」 あなたの考えに書きなさい。(5秒後) はい、手をあげます。ア 5万人? イ 18万人? ウ 35万人?
  正解は、ウ 35万人なんです。正しい答えに書きなさい。
3番。「日の不自由な人が、横断歩道のところで立ち止まっています。あなたがよいと思う記号を書きましょう。ア そのまま通りすぎる。イ 手助けできることがないか、声をかけてみる。ウ 手を引いて、いっしょに横断歩道をわたる。」
 あなたの考えに書きなさい。(10秒後) はい、アの人? イの人? ウの人? 正解は・・・、イです。正しい答えにイと書きなさい。
 
日の不自由な人が困っているようなときは、まず一声かけるのです。「もしもし、何かお手伝いしましょうか」と。これは、日の不自由な人に限らず、体の不自由な人を手助けするときの 礼儀です。大切なことですから、みんなで練習してみましょう。「もしもし、何かお手伝いしましょうか。」サン、ハイッ。

・もしもし、何かお手伝いしましょうか。
一斉・指名などバリエーションを変えて何度か言わせる。
◆ さて、1番にもどります。点字ブロックを見て、気付いたこと・はてな?・考えたことを空いたところに書きなさい。2分です。はじめ。(2分後言わせる)
 必ず、点字ブロックの種類に関する意見がでるはずだ。それをとりあげ、問う。
◆点字ブロックには、点々が並んだものと、棒が並んだものがあります。日の不自由な人にとって、どのような意味があるのでしょう。

 予想を発表させる。出尽くした辺りで、告げる。

◆それでは、次の時間は実際に街にある点字ブロックで確かめてみましょう。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −