少子高齢社会の基本的な理解(「なぜ、このような学習が必要なのか」という理念の理解)     もどる    次へ      トップへ   

この授業は『ボランティアの研究授業をつくる』作州教育サークル・小林幸雄編 著(明治図書)の中の「少子高齢社会の基本的な理解な理解をはかる授業例(小林幸雄先生)」の一部修正追試である。

授業記録

資料1(コピーして活用ください)を配布して、表題、出典、縦軸・横軸の単位などを確認する。テンポよく進める。

ノートに一行おきに@、A、B、C、D、Eと書きなさい。
@表題は何ですか。(指名)

・「人口の移り変わり」です。

あっていた人。(挙手させて確認する)小さ目のとじ丸をつけなさい。書けなかった人は書いておきなさい。

以下同じようにテンポよく進める。

A出典はどこですか。 B縦軸の単位は何ですか。 C横軸の単位は何ですか。 D奈良時代の人口はおよそ何万人ですか。 E1992年の人口はおよそ何人ですか。
このグラフを見て気付いたこと、分かったこと、思ったことをノートに箇条書きしなさい。

(列指名で発表させる)
・人口がどんどん増えている。
・明治時代から急に人口が増えている。
・これからも人口は増え続けると思う。     などが出された。

約30年後、日本の人口は、何人ぐらいになっているでしょう。
全員、起立。予想がノートに書けた人から座りなさい。

挙手させ確認する。全員が増加すると予想した。
・1億2千万〜1億5千万  8人
・1億5千万〜2億      8人
・2億〜3億          7人
・60億             1人

ここで、資料2を配布する。

だれもが増えると予想しましたが、2010年をピークにして、2030年には現在より減っていますね。80年後には日本の人口は1億人を下回りますね。このように、日本の人口が減っていく原因は何でしょうか。ノートに書きなさい。近くの人と相談してもいいですよ。

・気象の変化。水不足。
・外国に移り住んでしまうから。
・戦争がおきるから。
・環境問題。
・若い人が子どもを産まなくなってきているから。
などが出された。

ここで、資料3を配布する。

これは、女性1人が産む子どもの平均数を表したものです。1920年には1人の女性が平均5.2人も子どもを産んでいました。年々減ってきて、1992年には1.5人に減っています。子どもを産む数が減れば当然人口も減ってきますね。
子どもの数はどんどん減っていますが、逆に増えている人口があるのです。それは何ですか。

・老人

ここで、資料4を配布する。

日本のグラフを赤でなぞりなさい。
日本は65歳以上の高齢者の割合が、年々増えていきますね。高齢者の割合が増えることを高齢化といいます。日本は世界に例をみないスピードで高齢化が進んでいます。20数年後つまりみんなが30歳をすぎたころ、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者となってしまうのです。

(次のことを板書しノートに写させる)
子どもの数が減っていく→少子化
高齢者の割合が増える→高齢化
少子高齢社会

最後に今日の授業の感想をノートに書きなさい。分かったこと、思ったこと、驚いたことどんなことでもいいです。

・日本にとって重大な問題だ。このことについてもっと勉強したい。
・人口が減っていくときいいておどろいた。日本ではいろいろな問題がおきている。
・勉強になった。人口が減るなんておどろいた。周りを見たらおじいちゃんだらけなんていやだなあ。
・若い人がだんだんへって、高齢者が増えていくなんて、これから日本はどうなってしまうのだろうか。心配だ。
などが出された。
最後に資料をノートに貼らせて終わりにした。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −