老人ホーム訪問の計画作り(2時間)     もどる  次へ    トップへ         
(学習内容)
@学区内(学校から徒歩で10分程度)にある老人ホーム「延寿荘」に訪問するための計画をたてる。
A高齢者用と自分用の名札を作る。

(授業記録)

次の年代に、みんなは何歳になりますか。ノートに書きなさい。

板書して、(  )の中に記入させていく。

2001年    2011年     2021年    2031年     2041年     2051年    2061年 
 ↓         ↓         ↓        ↓         ↓         ↓       ↓ 
(   )歳    (   )歳    (   )歳    (   )歳    (   )歳    (   )歳   (   )歳

年が経てばだれもが年をとっていきます。あと50数年経つとみんなも高齢者(65歳以上)になります。
来週、みんなで老人ホーム「延寿荘」に訪問します。延寿荘がどんな施設かかん単に説明します。

「延寿荘」のパンフレットを配布して、説明する。

そして、訪問の日程を説明する。
@あいさつ
A所長さんの話
Bグループべつに各部屋、廊下の窓ふき(10分)
Bグループべつに各部屋で高齢者とふれあい活動(45分)
Cあいさつ

それぞれの部屋におじゃまして、お年寄りとふれあいます。どんなことをすると喜ぶでしょう。(列指名で聞いていく)

・おはじき  ・トランプ   ・将棋   ・お手玉   ・似顔絵をかく    ・肩たたき   ・昔話を聞く   ・笛の演奏     など

次に、部屋割(各部屋の高齢者の人数に応じて、名簿順にあらかじめ教師が決めておく)を知らせる。

部屋ごとのグループで集まって、45分のふれあい活動の計画をたてます。グループになって話し合いなさい。計画ができたグループは黒板にかいてもらいます。

ふれあい活動の例
1班
1、自己紹介、名札をつけてあげる(3分)
2、一緒に折り紙をおる       (15分)
3、一緒にトランプをやる(お年よりのできるもの) (20分)
4、リコーダーの演奏  (3分)
5、肩たたき       (4分)

グループごとに黒板に書いた計画を発表させる。そして、お年寄りとのふれあい活動として、無理がないかどうか確認する。

お年寄りとふれあい活動するのにお互いに名前が分からないと困りますね。お年寄りでも分かりやすいように色画用紙で大きめの名札を作ります。お年よりの名札と自分の名札の2つ作ります。

 縦18cm、横7cm程に色画用紙を切る。お年よりの名前をマジックで大きめに書く。空いている所に色えんぴつなどでイラストを書いたり模様を書いたりする。裏に安全ピンをテープでしっかりとめる。自分用の名札も作る。
ふれあい活動ではまず自己紹介をしてお年寄りに名札をつけてあげる。

※この手作りの名札は大変喜ばれた。