総合的な学習の時間(福祉領域)のカリキュラム作り    H13、9、12   トップへ

1.カリキュラム作りの基本的な考え
  学習をするためには「理解」と「体験」が必要である。
 (1) 「理解」の4観点
   @理念の理解:「なぜこのような学習をする必要があるのか」ということを子供たちに理解させる
    ことが重要である。
   Aハンディキャップの理解:ハンデキャップによる不便さを理解させる必要がある。
   B基本的なマナーの理解:まず、話しかけ尋ねるなど、相手の立場を優先して行動することの大
    切さを理解きせる必要がある。
   C個別の援助の理解:車いすの押し方など、場面ごとの援助方法を理解させる必要がある。
    以上の4つの観点を網羅した学習を計画する必要がある。
 (2)体験の5類型
   @擬似体験:アイマスクをかけ、目が不自由な人の擬似体験をするなど。
   A用具使用体験:車いすに乗ってみる、点字の本に触ってみるなど。
   B援助体験:車いすの段差越え、日の不自由な方の誘導など。
   C参加体験:車いすマップづくり、環境調査など。
   D交流体験:老人施設を訪問し、ふれあいの時間をもつなど。
     体験の5類型のうちのどれを、またはどれとどれを扱うかということを意識し、学習を計画する。
     体験の傾が広がることが、理解が深まることにつながる。
 (3)福祉・ボランティアの領域を次の5つとする。
   @視覚障害(アイマスク、盲導犬、点字等)
   A聴覚障害(手話等)
   B歩行障害(車いす、松葉杖等)
   C高齢者(老人介護、老人ホーム等)
   D身のまわりの安全、けが、病気等

2 授業のための準備
   @教材・教具:車いす、アイマスクなどの「もの」を用意することが不可欠である。
            アイマスク・『点字のひみつ』・学習点字ペン・点字カルタ・手話のビデオなど。
   Aテキスト:教科書の投割をする手引き書、ワークシートなどがあった方がよい。
            あかねこ点字スキル・あかねこ手話スキル・『福祉ボランティアテキスト集』
            『ジュニアボランティアテキスト集』など。
   B実際を理解するための資料:当事者の文章、新聞記事などが子供の心に訴える。
   C場作り・グループ作り:学習の場を体験するときのグループの人数と構成も鍵になる。
   D体験内容の予想とその時間の確保:いかなる内容の体験を一人が何分できればいいのかと
     の予測が必要である。
   E関係者との連携:物を借りる、人を派達してもらうなど、社会福祉協議会等との連携も大切で
    ある。

3 カリキュラム(縦系列を意識した全体計画) 
  ・3年生は浅くてもよいので、すべての領域を体験させたい。シャンプー・リンスのボトルから入って、
   バリアフリーについて調べ、すべての領域を体験してみる。
  ・4年生は国語の教材文ともからめて、視覚障害について、くわしく学習させる。調べ学習もとりい
   れたい。
  ・5年生は、聴覚障害と歩行障害をについて、くわしく学習させる。調べ学習もとりいれたい。
  ・6年生は、高齢者福祉について、くわしく学習させる。調べ学習もとりいれたい。また、3〜5年生ま
   での学習の中から自分で課題を設定し、さらに突っ込んで追求していく活動も取り入れられる。

  理     解                体      験    学   年
なりきり 用具使用 援助 参加 交流
視覚障害 ・介助の基本マナー
・点字の役目
・盲導犬の役目
・アイマスクで歩く
・アイマスクで食事
・アイマスク
・点字ブロック
・点字の本
・点字ペン
・白杖
・歩行介助
・食事介助
・校内の案内を点字ペンで作成 ・点字でお手紙を書こう。
・盲導犬使用者の話を聞こう。
・障害をもった人のお話を聞こう。
・4年 3年生は浅くてもよいので、すべての領域を体験させたい
聴覚障害 ・会話方法(筆記、手話、口話)と基本マナー
・手話の役目
・手話で話す。 ・電話おねがい手帳
・補聴器
・してもらいたいことを尋ねよう ・障害を持った人やお年よりにとって、羽西学区や小山市は暮らしやすいか調べよう。 ・障害をもった人のお話を聞こう。 ・5年
歩行障害 ・車いすの役目、操作。
・松葉杖の役目
・介助の基本マナー
・車いすにのる
・松葉杖で歩く
・車いす
・松葉杖
・車いすで段差、坂道 ・障害をもった人のお話を聞こう。 ・5年
高齢者 ・お年よりの体の大変さ
・お話の仕方、聞き方
・高齢者擬似体験 ・みらいくん ・席をゆずろう
・荷物を持とう
・お年よりの介助
・老人ホーム訪問 ・6年
安全・人命 ・障害を持つ人の数
・生活の困難な人々
・着衣水泳 ・ユニセフ募金

4 学年カリキュラム
 (1)3年生カリキュラム

 (2)4年生カリキュラム

 (3)5年生カリキュラム

 (4)6年生カリキュラム