高齢者擬似体験(2時間)   もどる    次へ      トップへ  

@高齢者擬似体験セット「みらいくん」を活用して、擬似体験する。   (60分)
A手先の不自由さの体験。手に二重にした軍手をはめて、はしを持ち、豆うつしをやる。  (10分)
B高齢者擬似体験の感想を書く。  (10分)

準備物   ・高齢者擬似体験セット「みらいくん」を栃木県南介護研修センターから6セット借用する。
        栃木県県南介護研修センター(〒328-0032 栃木市神田町9-4 TEL0282-22-7553 FAX0282-25-3873
        ※事前に1時間ほどつけ方の研修を受ける。
       ・軍手(児童数×2)、割り箸(児童数)、紙皿(児童数×2)、大豆

@高齢者擬似体験セット「みらいくん」を活用して、擬似体験する。(60分)

・高齢者擬似体験セット「みらいくん」を県南介護研修センターから6セット借用する。
・社会福祉協議会の方に講師を依頼する。
・4人1グループで各グループに「みらいくん」を1セット配布。
・4人で交代で、体験する。1人15分。他の3人は「みらいくん」を着けるのを手伝ったり、歩行の補助をする。
・廊下を歩いたり、階段の上り下りをしたりする。
・「みらいくん」を広げるスペイスが必要なので、空き教室を利用する。
・「みらいくん」の後片付けが終わったら、教室にもどる。







A手先の不自由さの体験。手に二重にした軍手をはめて、はしを持ち、豆うつしをやる。  (10分)

・隣の人と2人組で、交代でやる。
・まず、軍手をしないで1分間に何個豆を移すことができるかやってみる。
・次に、手に二重にした軍手をはめて何個豆を移すことができるかやってみて、違いを比べる。
※給食も手に二重にした軍手をはめて食べさせた。



B高齢者擬似体験の感想を書く。  (10分)

(児童の感想)
・この体験を通しておじいさんやおばあさんがどれだけ不自由かが分かりました。体が重くて、目も見ずらくて大変だなあと思いました。おじいさんやおばあさんに親切にしたいです。

・近所にこしがまがったおばあさんがいます。外にあまり出てきません。高齢者疑似体験をして、このおばあさんの大変さが分かりました。親切にしたいです。今日はいい勉強をしました。