EMの活用(1時間)   次へ       もどる
※準備物 EM−1  とうみつ(または砂糖)   米のとぎ汁(2lのペットボトル)
※米のとぎ汁を各家庭からジョウゴなどをつかって2lのペットボトルに入れてもってこさせる。

前にも聞きましたが、川の汚れの1番の原因は何ですか。

・家庭排水  ・米のとぎ汁

そうです。川の汚れの1番の原因は、家庭排水の中の米のとぎ汁です。
では、その米のとぎ汁200mlを川に流すと魚がすめる水にするにはどれだけの水が必要でしょうか。お風呂の浴槽で、0.4杯 、4杯、40杯。どれでしょう。 

・0.4杯      

0.4杯です。ラーメンの汁では3.3杯、油では132杯です。ただ、米のとぎ汁はどの家庭でも毎日流します。一日に2度も3度もながす家もあります。だから、米のとぎ汁が川の汚れの一番の原因になっているのです。

みんなの家では米のとぎ汁をどうしていますか。そのまま流してる人。

・24人中22人

流さないで、別の方法をとっている人。

・2人   (庭の植木や植物の肥料にしている)

(2lのペットボトルにいれてきた米のとぎ汁を見せて)川のよごれの一番の原因の米のとぎ汁にあるものを入れます。そのあるものを入れて川に流すと、逆に川をきれいにしてくれます。何をいれるのでしょうか。

・EM  (EMについては以前学習したので、すぐでてしまう)

そうです、EMです。この中に(EM−1を提示して)人間や環境にとって大変良い微生物が80種類もいます。これを米のとぎ汁の中に入れてふたをして4,5日おいておくと発酵します。これを米のとぎ汁EM発酵液といいます。つまりEMがこの中で、元気になり、数も増えるのです。これを排水口に流すと、排水口のよごれ、パイプのよごれ、川の水のよごれを食べてくくれます。EMはきたないものが大好きなんです。もちろん川に直接流してもいいんです。
ところで、川のよごれをふせぐために自分たちにできることを本やインターネットで調べたね。どんなことができますか。おもいだしてみて。

・シャンプーを使いすぎない  ・洗剤をつかいすぎない   など

これらはみんな大切なことです。でももうすでに水は汚れてしまっています。危ないんです。これらの方法で汚れてしまった水をきれいにできますか。

・できない

よごれを防ぐことはできても、よごれをきれいにすることはできません。これからは、よごれを防ぐことだけではなくて、汚れてしまった水をきれいにしていかなければなりません。これができるのが微生物です。EMです。
ここでちょっと微生物の話をします。ヨーロッパのある学者が、つぎのように言いました。この世の中には三つの種類の生物がいる。一つは食べ物などを作り出していく生物。それを食べてしまう、使ってしまう生物。そして、それをもとにもどす生物。作る生物は植物。では、使ってしまう生物はなんですか。
・人間  ・動物
では、もとにもどす生物は何ですか
・微生物
人間が汚した川の水のよごれをもとにもどしてくれるのは微生物です。その中でもすぐれた微生物だけを集めたのがEMです。これからたくさんEMを川に流して川をきれいにしましょう。
では、米のとぎ汁EM発酵液の作り方を黒板に書きます。そっくりそのまま写しなさい。

※このあと、米のとぎ汁EM発酵液を作らせる。(4,5日してできあっがたら流しの排水口やトイレに流す。)

今日の授業の感想やわかったことなどを書きなさい。


[TOSSランドへ]    [トップへ]  [メール]
−(C)TOSS Isao Niimura, All right reserved. −